Fitas Finger Shield 3Dプリント情報

 最も普及している熱溶解積層方式(FDM)の3Dプリンタを使用することを前提として設計しており、検証もFDMプリンタを用いて行っております。このページの内容は適宜追加していきます。

最低造形エリア

X150 Y120 Z100 以上

検証に使用した3Dプリンタ 

Tevo tarantula pro

JG  Aurora A3S

設定条件

設定条件の目安を以下に記します。機種や材料、気温等によって異なることが多いので、造形の様子を確認し、適宜調整してください。

Case& Quick plug

nozzle:0.4mm

material: PLA ABS PETG

speed:50mm/s

layer: 0.2

Infill:100%

 

Finger Shield

​nozzle:0.4mm

material:TPU

speed:30mm/s

layer: 0.15

Infill: 100%

Tsukasa-3DのTwitter Youtubeをフォローして最新情報をチェック→

  • さえずり
  • YouTubeの

特定商取引法に関する表示について