Monitor Mirror for α7Ⅲ

α7Ⅲで気軽に自撮り

 近年の映像制作の多様化に伴い、撮影者と被写体の境界は曖昧になりつつあります。α7Ⅲは被写体側にモニターを向けることはできませんが、撮影体験においてα7Ⅲならではの魅力も数多く存在します。

 そこで、α7Ⅲのチルトモニターを活かして「気軽に自撮り」を実現するアイテム開発しました。

ワンタッチで装着

マルチインターフェースシューに差し込み、スライダーを動かしてロックするだけで取り付けできます。

持ち運びはコンパクト

折り畳み機構を備えているので、カメラバックの隙間やポケットに入れて手軽に持ち運べます。

外部アクセサリを使用可能

側面にコールドシューを搭載し、カメラやライトなどの外部アクセサリを取り付けできます。※1

 

​全ての端子へのアクセス

​自撮りを行う際も、カメラ側面の全ての端子にアクセスできます。外部アクセサリの使用や、充電しながらの撮影を快適に行うことができます。

3Dプリンタで製作可能

 Monitor Mirror for α7Ⅲの主要な部品は最も一般的に普及しているFDM方式の3Dプリンターで製作できるように、部品の形状を最適化しました。※2

Monitor Mirror for α7Ⅲの特徴

3Dプリント、組み立て方法の解説

※1 マルチンターフェースシュー電子接点は利用できません

※2 アクリルミラー、ボルト、ワッシャー等は別途必要になります。

Tsukasa-3DのTwitter Youtubeをフォローして最新情報をチェック→

  • さえずり
  • YouTubeの

特定商取引法に関する表示について